年代で中身が変わる上手なライフプランの立て方

うまくライフプランを考えるために

ポイントを踏まえよう

人生の中で自分がやりたいこと、挑戦したいことを最初に考えてください。 ライフプランを立てる時は、目標や夢を指定することがコツです。 どんなことでも良いので、自分の人生の中で大きなイベントは書き出してください。 この時は、仕事に対する希望もいくつかまとめましょう。

理想を叶えるために資金が必要

夢や希望を叶えるためには、資金が必要だと理解してください。 そこで最初に考えたライフイベントをもとに、それぞれにどのくらいの資金があれば良いのか計算してください。 大体の相場は、ネットで調べるとわかります。 ですから、スムーズにライフプランを作成できるでしょう。

最初に考える内容とは

まずは自分にとって、理想的な人生をイメージしてください。
結婚する、子供を産む、マイホームを持つなど人生の中で大きなイベントを紙に書き出しましょう。
定期的に海外旅行に行く、趣味を続けたいというような希望もこの時に書きます。
次にプライベートではなく、仕事に関係する希望も挙げていきましょう。
何歳まで働く、出産後は勤務形態を変えるといったものが仕事での希望です。

そして最初に書き出した理想の人生を送るために、どのくらいの資金が必要なのか考えましょう。
子供を産みたい人は、成人まで育てるのにかなりの資金が必要です。
また趣味を続けたい人は、そのために必要な資金を計算しましょう。
それぞれの場合に必要になる資金は、ネットで調べるとある程度の答えを把握できます。

最後に、ライフプランを表にしてください。
表にまとめると一目見ただけで、簡単に人生でどのくらいの資金が必要になるのか、どのタイミングで出費が訪れるのか把握できます。
この時に予想よりも多くの資金が必要だとわかり、現在の収入や貯金だけでは足りないと思ったら節約を意識して生活を送ってください。
そのように、生活を見直すきっかけにもなります。
今からお金を使わないよう節約していれば、将来はたくさんの資金を得て、楽しい老後を送れるかもしれません。
早い段階で自分のライフプランを決めて、実現するために何をすれば良いのか考えましょう。
努力すれば、希望を全て叶えられます。

一目で把握できるように

やりたいことや希望を書き出して、満足しないでください。 最後に、表にまとめるという作業が残っています。 少し面倒ですが表にすることで、一目で自分のライフプランを把握できますし、それぞれのライフイベントの際に、どのくらいの出費が発生するのかわかります。

TOPへ戻る